<   2005年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

もう一つアメフトの話題

パスキャッチ寸前の写真なんて滅多に撮れるものではありません。
運良く撮れたと思ったら、キャッチした選手とユニフォームが同じ選手が背景に来てしまった。これで残念ながらNG。
d0056308_20592923.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 21:00

ネットでピントが合わない

アメフト専用球場なんて日本にはないから、どうしても野球場を使わざるを得ないです。野球場にあるのはネット。オートフォーカスだとピントが合うのはネット、彼女たちには合わない。アメフトの時にはネットは不要だから、巻き上げられるような方式にして欲しい。

d0056308_20525031.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 20:53

雨の中のアメフト

雨の日のアメフトは、選手やチアーガールさんにはかわいそうだが、思わぬ試合展開になるのでとても面白い。写真としては、暗いのでシッャター速度が遅くなりどうしてもぶれてしまう(明るい望遠レンズを使えば早いシッャターが切れる。だけど価格は100万円以上。ほんとに異常な値段だ。これじゃ買えない)。ピントも合わない、コントラストがない写真ともなる。それはそれでいいとしましょう。
d0056308_20432728.jpg
d0056308_20433454.jpg
d0056308_20434583.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 20:46

雨が雨らしく写らない

雨はお友達と思ってはみても、雨を雨らしく写すのはなかなか難しい。
1枚目は女性の背中で分かるとおり土砂降りである。しかし雨は写らない。
2枚目も同様に雨が写らない(この写真の意図は酸性雨で東京タワー下の銅像の目が溶けているのではと思って撮った一枚。だからスズメにはピントは合わせていない。しかし一般的な写真とすればスズメにピントを合わせておけばよかった。もっとも背景が良くなかった)
3枚目は雨は写っているものの、雫が雫らしくない。
どうすればいいのーーー。
d0056308_20275139.jpg
d0056308_20291735.jpg
d0056308_20292668.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 20:30

花火に近すぎた-2

こちらは土浦の花火大会。これも近すぎた。
正確に言うと、この花火は判定用の基準花火。例えば、風の影響で丸が崩れてもこの花火と同じくらいならば丸いと判断されるのです。
d0056308_1915446.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 19:15

花火に近すぎた

板橋の花火大会は指定席を確保。しかし席が良すぎて花火に近くて全体を映せなかった(花火写真はかぶりつきがいいとは限らないようです)。しかも、風下のために煙が手前になってしまった。安っぽい提灯もいけなかった。
d0056308_19123348.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 19:13

カメラをもう少し下向きに

このサクラの花の海に車が滑り込んでいくようなシーンとしたかった。
しかし、それにしてはマンションの部分が大きすぎた(マンションを撮っているのではないから)。そして下の灰色の部分が小さいから道路には見えにくい。
カメラをもう少し下向きにすれば良かった。
(実はこのことは私自身が気がついたのではなくて、写真家テラウチマサトさんに指摘されて分かったことです。さすがテラウチさん)
d0056308_198451.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 19:08

同じ場所で同じように撮った写真

1枚目の写真は、あまりにも快晴で雲がない、夕方なのに富士山があまり赤くない、ということを除けば、それなりにキレイに写っています。
しかし、2枚目でお分かりいただけるように、同じ場所で同じ方向に三脚を並べて撮った写真です。何の工夫もありません。これは私としてはNG写真です。
d0056308_16245340.jpg
d0056308_16245934.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 16:26

CCDに付着したゴミ

この写真には盛大にゴミが付いています。
下の方の小さなゴミはPhotoshopの修理ブラシツール、修復パッチツールでなんとか除去できそうです。
しかし上の大きなゴミは光の光芒にかかっているので除去は難しそうです。よってNG写真ですね。
このゴミはレンズ交換の時に付着したもの。デジタル一眼カメラのCCDとゴミ不着問題はオリンパスを除いて未解決ですが、特に私の場合は固定焦点レンズが好きなので、レンズ交換の回数が多いのです。
でも、大きなゴミはブロワーで吹き飛ばせる筈。つまり私の手入れが良くないの証明でもあります(恥ずかしい)。
なお、この写真では太陽の光芒をハッキリだそうとしてF19まで絞っています。このように極端に絞ると明確に写ってきます(理由は不明)。
また、レンズとボディの接合部は内角なのでゴミ・ホコリが溜まりやすいので、レンズを外す前にブロワーで吹いた方がいいそうです。

本論とは無関係ですが、使用レンズ・シグマ20ミリF1.8は本当に綺麗な光芒がでます。光芒の数でお分かりいただけると思いますが、絞りの羽根の枚数は「9枚」。好きです、このレンズ。最近は新製品はズームレンズばかりですが、固定焦点レンズを発売するシグマ社は偉い。
d0056308_16173960.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 16:21

白トビしやすいカメラ

ブレたりボケたりしている写真もそれなりにいいときがあります。しかし、白トビは殆ど処置無しのNG写真でしょう。

1枚目は富士S3Pro。
2枚目はニコンD2X。
(左下はそれぞれのヒストグラムです)

3枚目は2枚目のニコンD2Xの写真で白トビしている箇所を赤色で塗りました。使用レンズは共にタムロン90ミリマクロです。

d0056308_15593171.jpg
d0056308_15594879.jpg
d0056308_1602619.jpg

[PR]
by NGphoto | 2005-05-31 16:01